コラム

【君の花になる】第一話のあらすじと感想!胸キュンシーンはいつ?

花のイラスト

10月18日スタートのドラマ「君の花になる」がまもなくスタートしますね。

本田翼さんと8LOOMがどんなストーリーを演じるのかとっても気になります!

「君の花になる」の原作は漫画でもなく、韓国作品でもなく、完全オリジナル脚本のドラマです。

脚本は「チェリまほ」こと「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」や「恋せぬふたり」などで知られる吉田恵里香さん。

どんなストーリー展開なのか、放送が楽しみですね!

【君の花になる】第一話・あらすじ

高校教師として前向きに勤めていた仲町あす花(本田翼)。

しかし、あることがきっかけで挫折し、退職してしまいます。

お姉さんの仲町優里(木南晴夏)のところに転がり込んだあす花は、優里の営むフードワゴンを手伝いながら過ごしていました。

そんなある日、姉・優里が結婚することに。

そこであす花は独立を決意し、住み込みの寮母の求人に応募しました。

しかし、そこは売れないボーイズグループの8LOOMの寮…!

しかも8LOOMのリーダーはあす花の元教え子だった佐神弾(高橋文哉)!

あす花に冷たく当たる佐神弾を始め、個性豊かなメンバー揃いの8LOOM。

佐神弾は同期でライバルグループのCHAYNEY(チェイニー)の活躍に焦ります。

そんななか8LOOMは「半年後の契約の更新はできない」と事務所の社長に言われてしまいます…。

あす花と佐神弾の胸キュンシーンはいつみられるのでしょうか?気になりますね!

8LOOM(ブルーム)メンバーは誰がいる?8人じゃない理由とは?2022年10月18日スタートのTBS火曜ドラマ「君の花になる」のために結成された、期間限定のボーイズグループ、8LOOM(ブルーム)。...

【君の花になる】第一話・感想

第一話を観た後の感想です。

以下ネタバレになりますので、ご注意くださいね!

気になるシーン①

寮母として再会したあす花(本田翼)に対し、佐神弾(高橋文哉)はかなりきつく当たっていて、ちょっと可哀想な気もしましたが、

高校時代の弾はあす花に心を開いてたんですね。

だから、オーディション合格の知らせを真っ先にあす花先生に伝えようとした矢先に、

あす花の退職を知り、あす花のことを「夢を諦めたやつ」というふうに捉えてしまっていたのでしょう。

あす花が高校を退職した詳しい理由は、第一話では明かされませんでした。

何があったんでしょう…気になりますね。

気になるシーン②

「8LOOMのメンバーが7人になってから変わってしまった」

「弾が追い出した」

「厳しいこと言って、追い詰めるから」と弾が責められるシーンがありましたね。

辞めてしまった元メンバー、辞めてしまった理由がすっごく気になります…!

ネットの感想でも同じようなコメントが見つかりました。

気になるシーン③

社長にチャンスをもらい、ライバルグループCHAYNEYのライブでパフォーマンスを披露させてもらえた8LOOM。

しかし、社長からは「良いパフォーマンスだったがこれだけでは契約更新はできない」とまたもや言われてしまいましたね。

そこに弾が「俺が新曲を作って日本一のグループになる」と宣言!かっこよすぎ!

それを聞いていた社長から「新曲で、半年間で配信ランキング1位を取れたら契約を更新する」と次の課題が与えられました。

この後のシーンで、弾とあす花の接近シーンが来ましたねー!

予告で気になっていた「あんたの夢を俺が叶えてやるよ」は、

弾があす花に言った言葉だったんですね〜!今後の展開が楽しみです。

まとめ

第二話ではどんな展開になるのでしょうか?

あす花と佐神弾のさらなる展開もあるのかどうかも気になりますね!

次回の放送が楽しみです!

花イラスト2
【君の花になる】第2話の感想とあらすじは?予想外の展開でびっくり!「君の花になる」の第2話の放送がありましたね。 第一話では、まだ明かされない「気になること」もありましたが、 第2話では少し...