エンタメ PR

石原和幸の妻はどんな人?子供は3人!苦労を支えた家族エピソードがすごい

石原和幸の妻はどんな人?子供は3人!苦労を支えた家族エピソードがすごい
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

庭園デザイナーの石原和幸さん。

あのエリザベス女王から「緑の魔術師」という評価をいただき、タイムズ紙やBBCでも「モスマン(苔男)」として取り上げられ、世界でもその名が知られています。

今回は、そんな石原和幸さんの奥様などご家族に焦点をあててみました。

石原和幸の妻はどんな人?子供は3人!

「英国チェルシーフラワーショー」という歴史と権威のある国際的なガーデンショーで金メダルを11個も獲得されている石原和幸さん。

今では世界的に有名でメディアでも活躍されていますが、過去には8億円の借金を抱えたりと大変な時期もあったようです。

そんな苦しい時期を支えたという、石原和幸さんの妻はどんな方なのでしょうか?

色々と情報を探してみましたが、おそらく一般の方と思われます。

そのため、どんな方なのかやお写真などの情報は見つかりませんでした。

(妻のご実家も石原和幸さんと同じ長崎県だという情報をSNSで発見しましたが、あくまでも真偽は不明です。)

また、石原和幸さんには子供が3人いらっしゃるそうです。

3人のお子様についても、おそらく一般の方ですので情報は見つかりませんでした。

ですが、石原和幸さんがご結婚されたのが1987年ごろ、29歳の時だそうなので、その後に3人のお子様に恵まれたとなると、年齢はおそらく20代の後半〜30代の前半ぐらいかな?と推測しています。

石原和幸の苦労と家族エピソード

1958年1月14日生まれの石原和幸さん。

大学卒業後、22歳の時に生け花の本流である「池坊」に入門し、その後25歳の時に「花風」という花屋を始めたそうです。

ですが1982年7月の集中豪雨により花畑が全滅、軽トラも流されてしまいほぼ全財産を失ったのだそう。

そんな時に、花屋の社長さんと出会い、小さなスペースでの販売を任された石原さん。

その後29歳で独立し、小さな花屋をオープン。

このお店は店舗数30、従業員数100人を超える花屋に成長しましたが、その後の東京への進出と事業の拡大がうまく行かず、8億円もの借金を抱えることになってしまったそうです。

1991年にバブル崩壊、そのあおりも受けて多額の借金の返済に追われる中で「チェルシーフラワーショー」への出店を夢見た石原さん。

イギリスで開催される「チェルシーフラワーショー」に出店するためにはスタッフの旅費や滞在費、現地で調達する材料費などで5000万円はかかる見込みだったそう。

8億円の借金を返済している時だったので、妻も大反対したようですね。

妻は「あんたね、住宅ローンも残っとるとよ。この間、銀行の人が家を計りにまで来たとよ。なのに、全然懲りんとね」と大反対した。社員たちもこのまま頑張れば、借金は返せるはず、と言う。

出典:MAG2NEWS

お子さん達の授業料の支払いも抱えて、大変だったと思われます。

一時は8億円もの負債を抱え自転車操業の日々。子供が嬉しそうに学校から持ち帰ってきた“ピンクの手紙”は、授業料未納のお知らせ…。いくつもの困難にぶちあたるも、氏が思い描いた「ゴール」を一心に追いかけた末、手に入れた「世界一」なのだ。

出典:ダ・ヴィンチWeb

石原和幸さんは、最終的に実家を1000万円で売却し、そのほかにもお金を工面してなんとか2500万円を作り、チェルシーフラワーショーに挑んだんだとか。

物凄い行動力と信念を感じるエピソードですね。

現在のご活躍ぶりに、ご家族もほっとされているかもしれませんね。

これからも素敵な作品が見られることを楽しみにしています。

まとめ

庭園デザイナー、石原和幸さんの妻や子供について情報を探してみました。

一般の方ですので、ご家族については情報は見つかりませんでしたが、困難を乗り越えてきたエピソードがとても印象に残りました。

これからも、応援したいと思います。